注文住宅には様々な工法がある

注文住宅を建てる際には、どういった工法を採用するかを決めなければなりません。工法によって得意としている住宅メーカーが異なってきますので、どの工法にするかはなるべく早めに決めておいた方がよいのです。もっとも、そうはいってもそもそもどのような工法があるのか全く知らないという方は少なくないかもしれません。そのような方は、少なくとも木造軸組工法、ツーバイ工法、鉄筋コンクリート造りの3種類くらいは頭に入れておくと良いでしょう。これらのうち、木造軸組工法とツーバイ工法は、いずれも木造の工法になります。違いは、前者が柱を組み合わせて家を支えるのに対し、後者は柱ではなく壁を用いて家を支えるという点にあります。

自分に合う工法を見極めよう

このように、注文住宅の工法には様々なものがあるため、それらの中から自分に合ったものを見極める必要があります。例えば、徹底的に耐震性にこだわりたいということであれば、頑丈さには定評がある鉄筋コンクリート造りを選ぶようにするのがおすすめです。もっとも、鉄筋コンクリート造りは、丈夫である反面、建築費が高くなったり、デザインの幅に限りがあるため、もしなるべく予算を抑えたかったり、見た目にもお洒落な家にしたいということであれば、他の工法を用いた方が良いかもしれません。低予算で建てたい場合には、ツーバイ工法がおすすめですが、壁で家を支えるというコンセプトであるため、家の中に大空間を設けるのが難しい場合があるという点に注意しなければなりません。

住みたい街で住みたい家に住む。歴史のある風光明媚な街・京都の注文住宅を選べばそんな夢が一気にかないます。