狭さが欠点に見られがち

住宅が狭いと、住み心地が気になる人が少なくありません。しかし、狭い環境でも工夫すれば十分住みやすくなります。また、狭小住宅の立地にも住みやすい特徴があります。

狭小住宅のメリットとは

狭小住宅は狭いゆえに、都市部の小さな土地に建てられることがほとんどです。都市部ということから利便性が高くなっています。例えば、バス停や駅など公共交通機関の停留所が近く、通勤や通学が楽になります。商業施設や病院なども近いため、買い物や通院もスムーズに行えるのです。その他のメリットとして、様々な生活費や税金が安く済むことが挙げられます。家が狭い分、照明の数も少なく済むため、電気代を節約できるのです。また、老朽化や災害によって家を修繕しなければならない時も、大きい住宅よりも短期間で安く済みます。

さらに、家が狭いからこそ掃除が楽になります。細かいところまで目が届き、手軽に行えるのです。

狭小住宅に住むための工夫

狭小住宅は動線が重要になります。寝室、キッチン、リビング、浴室などの場所や広さを考慮しましょう。また、できるだけ仕切りを取り払うことも大切です。仕切りがあると圧迫感が生まれて、さらに狭く感じるためです。さらに、防音や強度にも留意しましょう。都市部に建てられることが多い狭小住宅は、隣の住宅との距離が非常に近くなっています。薄い壁だと、お互いの家の音が気になるようになります。騒音問題に発展するケースも少なくないため、防音対策はしっかり行いましょう。

狭小住宅は小さく狭い分、建物を高くする傾向にあります。しかし、建物が高いと強度が不安定になります。地震などで家に被害が出ないためにも、強度を上げることが大切です。

狭小住宅は主に都市部に建てられるため、利便性が高くなっています。また掃除がしやすく、家が狭い分税金が抑えられるなどのメリットもあります。