まずはキッチンからチェック!

もし家の収納スペースが不十分だと、家じゅうがたちまちモノで雑然としてしまうでしょう。そこで賃貸マンション探しをするなら、収納スペースの充実度についても、内覧でしっかりチェックすることが必須と言えます。

そこでまず最初に見極めたいのがキッチンです。家事の中でも炊事の占める割合は、一般的に高くなる傾向があります。その分だけキッチンで必要になるアイテムも、調理器具や食器類そして調味料や食材など、実に多種多様です。これら豊富なアイテムの収納で困らないように、内覧では収納性をしっかりチェックしなければなりません。

特に大切なポイントは、家事動線を意識すること。調理する位置と収納スペースの距離が短ければ、移動の負担も少なく済み、スピーディーな作業が可能になります。例えばシンクの直ぐそばで、包丁やザルといった調理器具を収納できれば楽ですよね。もちろん家事動線の前提として、収納スペースの数や容量そしてタイプ等も、よくチェックしておく必要があります。

意外と見落としやすいこの収納スペースを忘れるな!

収納スペースというと、クローゼットや押入れをイメージしがちですが、意外と見落としやすいのが玄関の収納です。家庭にもよりますが、仕事で使用する靴だけでも、数や種類が多くなるはず。さらにプライベートで履く靴に加え、雨天の場合には長靴や傘あるいはレインコートなども、玄関で収納しなければなりません。

そこで賃貸マンションの内覧では、シューズインクローゼットの有無を確認した上で、その容量や機能あるいはタイプなども、よくチェックすることが求められます。また後からシューズラックを買って付け足したり、傘立てを設置することも考えて、そのためのスペースも測っておきましょう。

札幌中央区は早くから開発が進んだ地域で、築年数の長い物件が多数を占めます。札幌中央区の賃貸物件はリフォーム工事が施工された所が多く、居住性の改善が図られています。